マーケティングの手法|忙しい人の味方になるハウスクリーニングを開業しよう
婦人

忙しい人の味方になるハウスクリーニングを開業しよう

マーケティングの手法

男性

低コストで高い効果

最近、ビジネスの世界でよく聞かれる言葉の1つに、インバウンドがあります。インバウンドは「戻りの、内向きの」といった意味を持つ言葉で、対義語はアウトバウンドです。たとえば会社から顧客に電話をかけることはアウトバウンドで、逆に顧客から会社に電話がかかってくるのはインバウンドとなります。この言葉が注目を集めているのは、新しいマーケティング手法を表すキーワードになっているからです。従来、顧客を獲得するためのマーケティングは、大量の広告を出稿したり、大々的なキャンペーンを展開するといった企業自らが情報発信する手法、すなわちアウトバウンドな手法が中心でした。こうした手法は現在も有効ですが、多くの予算や人員を必要とするために、ともすると費用対効果が狙ったほど高くならないという注意点がありました。これに対してインバウンドマーケティングには、低コストでも大きなプロモーション効果を上げるチャンスがあります。

従来にはない情報発信を

インバウンドマーケティングは、ある意味ではインターネット時代に最もふさわしいマーケティング手法だと言えます。ブログ・SNS・ホームページなど、インターネットには通信費を除けば事実上無料で利用できる情報発信ツールがたくさんあります。こうしたツールを駆使し、自社製品や自社のサービスへとユーザーを効率的に誘導するというのが、インバウンドマーケティングの基本戦略となります。といっても、ただ淡々とブログを更新しているだけでは効果は上がりません。世間で話題になっているニュースといかに関連付けるか、あるいは自ら話題となるようなコンテンツをいかに発信するか、といった工夫が必要になります。特定のワード検索に対し検索エンジンで上位に表示されるような工夫も重要です。