男の人

忙しい人の味方になるハウスクリーニングを開業しよう

サポートの重要性

伝票を持つ人

成功している飲食店の多くは支援サービスを利用しているため、まずはサポート企業を探すと良いでしょう。セミナーも開催していますので、早めにコンタクトを取るとスムーズです。経営経験の有無を気にすることなく、幅広い目的で利用できます。サポートで得たノウハウは効果が持続し、今後の発展に大きく貢献します。

More Detail

マーケティングの手法

男性

インバウンドとはマーケティングの一手法で、大量のTVCMを出稿するといったアウトバウンドマーケティングに対し、消費者の方から見つけに来てくれる工夫を行う戦略のことをいいます。具体的にはブログやSNSの活用、話題を呼びそうな動画コンテンツの制作などの手法があります。

More Detail

いろいろと協力してもらう

皿

飲食店の経営には業務用食器など、様々な道具をそろえる必要があります。支援者を募りましょう。それによって、節約できるところは大幅に節約できます。業務用食器は潰れた店舗から安く買い取るという方法もあります。

More Detail

2種類の働きかた

業者

ハウスクリーニングとして働くには主に2つの手段があります。1つはフランチャイズに加入して独立開業することです。ハウスクリーニングの大手企業は全国展開しているので、そのフランチャイズ店は非常に多いです。しかも、ほとんどの店舗の店長は未経験からスタートさせています。なぜそのようなことが可能なのかというと、ハウスクリーニングのノウハウを伝授してくれるだけでなく、開業した後にもサポートをしてくれるからです。フランチャイズ店としての看板を掲げられるので営業がやりやすいということも利点の1つです。もう1つはハウスクリーニング会社に自身が従業員として入社して仕事を始めるというパターンです。これが最も簡単な方法です。

ハウスクリーニングを開業する人のほとんどはフランチャイズの方法を取りますが、注意するべきこともあります。それは開業資金が決して安くはないことです。開業するときには必ずある程度の自己資金を必要としますが、フランチャイズに加入する場合は250万円程度はかかります。そのため、十分に開業資金を貯めてから行いましょう。少なくとも半分の120万円程度は自己資金で賄いたいものです。フランチャイズに入ればノウハウを伝授してもらえますが、未経験だとやはり不安を感じてしまうという人は、開業する前にハウスクリーニング会社に入社して技術や知識を身につけることもおすすめです。開業するための資金も手に入りますので、一石二鳥です。